ブログ

省エネ法、温熱環境による比較

2021年04月19日

〇「建築による手法」と「設備による手法」

■住宅の断熱・気密の重要性   

「躯体の断熱」

断熱化の基本は、住宅の外気に接している部分(床・外壁・天井・屋根等)を、断熱材で隙間なくすっぽりと包み込み断熱層を連続させることが重要です。

「断熱改修するには、年代による仕様確認が重要」

現状の断熱性能に応じて、目標とする断熱水準に不足する断熱を付加しますので、事前の断熱仕様確認は、リフォーム後の性能、効果に大きく影響する非常に重要な作業です。

断熱改修を検討の際は、断熱診断をお勧めします。

お問い合わせはINDI㈱まで、宜しくお願いします。


この記事を書いた人

井上望(イノウエノゾム)


井上望(イノウエノゾム) いて座 A型
趣味:テニス、スキー、スノーボード
娘たちと一緒にやっていると童心に帰れるので。翌日は極度の筋肉痛(笑)
好きなこと:流行りの邦楽が好きで、カラオケでよく歌って盛り上がる!
長所:常に新しいことにチャレンジする
短所:同時に多くを求めすぎる
保有資格:2級建築士、既存住宅状況調査技術者、気密測定技能者
仕事への想い:建築会社で20年近く営業、設計、現場管理と幅広く経験した知識と技術を「住宅診断」を通して、安全で安心なおうちの売買やリフォーム、リノベーションができる様にお手伝いさせていただきます。



記事を気に入ったら、シェアしてね




関連記事


2021年07月16日
信頼関係。


2021年07月02日
朝顔


2021年06月22日
「わかりやすい」報告書をめざして


2021年06月18日
三時のおやつ


2021年06月14日
耐震診断のポイント!


このページのトップへ(INDI)