ブログ

北海道住宅検査人によるインスペクションとは?

2020年09月15日

「北海道住宅検査人」って?


 北海道では、良質な既存住宅の流通が促進されるよ住宅市場づくりの実現を目指し、耐久性、耐震性、省エネルギー性等、長寿命化に必要な性能向上を図ることを目的としたリフォーム・改修工事に先立ち、施工業者とは異なる第三者の立場で客観的な現況検査と劣化・性能チェック、及びリフォーム(改修)
方針のアドバイスを行う者
として位置づけられています。

「北海道住宅検査人の役割」


 住宅所有者・不動産事業者・施工業者によらない第三者の立場として、既存住宅における現況の傷み・劣化・不具合の状況等の調査を目視、検査機器等により実施し、結果の評価及び改修にあたってのアドバイスを行い、リフォームする際の的確な情報を提供します。

「北海道住宅検査人と他の資格による検査内容の違い」

 北海道住宅検査人は、住宅の構造耐力上主要な部分(基礎、壁、柱、小屋組、土台、斜材、はりなど自重若しくは積雪、風圧、又は地震などを支えるもの)や雨水の浸入を防止する部分(屋根、外壁など)だけではなく、断熱材や防湿シートの劣化状況確認、小屋裏や床下の状況などを立入確認し、現況報告をするだけではなく、所有者に対して「長く暮らせる住まい」に必要な改修・改善内容などの助言を行います。

床下調査写真
不同沈下の調査写真

一般社団法人 北海道建築技術協会

URL: https://hobea.or.jp/reformmember/

INDI(株)のインスペクション(住宅診断)は住宅検査人が調査、診断を行ってます。毎月、様々な住宅相談(トラブル相談)を頂きます、

中古住宅の購入やリフォームをご検討している方、

改修方法や営繕手法が本当に不具合の解決になるのか?

まずは調査、診断から始めませんか?


この記事を書いた人

井上望(イノウエノゾム)


井上望(イノウエノゾム) 1975年12月8日生まれいて座 A型 岩見沢出身
趣味:テニス、スキー、スノーボード
娘たちと一緒にやっていると童心に帰れるので。翌日は極度の筋肉痛(笑)
好きなこと:流行りの邦楽が好きで、カラオケでよく歌って盛り上がる!
長所:常に新しいことにチャレンジする
短所:同時に多くを求めすぎる
保有資格:2級建築士、既存住宅状況調査技術者、気密測定技能者
仕事への想い:建築会社で20年近く営業、設計、現場管理と幅広く経験した知識と技術を「住宅診断」を通して、安全で安心なおうちの売買やリフォーム、リノベーションができる様にお手伝いさせていただきます。



記事を気に入ったら、シェアしてね




関連記事


このページのトップへ(INDI)