ブログ

タイル引張試験でお困りでしたら

2021年09月16日

マンション大規模修繕前の調査などで、外壁塗装やタイルやシーリング材は目視・打診確認だけではなく、付着試験や物性試験もおこなっております。

【写真1】タイル引張試験 実施状況

塗装やシーリング材は製造メーカーにて試験をしていただけますが、タイル引張試験はタイルメーカーやタイル工事業者へ問い合わせても断られるのが一般的です。

そんなときはぜひINDIまでご相談ください。

コンクリートとタイルの引張接着強度や、タイルが剥がれた破壊面を観察することで多くの情報を得ることができます。

【写真2】タイル引張試験 破壊面確認状況

打診調査とあわせて実施することで、建物施工会社の技術や知識をうかがい知ることも可能です。

試験後はどこを試験したのか分からないほど元通りにタイルを張り戻しますのでご安心くださいませ。

【写真3】タイル引張試験 試験箇所タイル張り戻し確認


この記事を書いた人

ナカムラミツヨシ


ナカムラミツヨシ A型

●趣味:木工と料理(自分でイメージしたものを具現化することが楽しみです)、車のメンテナンス(30年以上前の古い車に乗っているため、調子が悪くなったら原因を調べて直すことが半分趣味のようになってしまいました)

●好きなこと:新旧問わず建築物を見ること。デザイン、仕上げ、納まりなどを見て感じ考えることが好きです。

●保有資格:一級建築士他

●仕事への想い:建物にまつわる「困った」を、持てる知識と経験で解決のお手伝いをいたします。



記事を気に入ったら、シェアしてね




このページのトップへ(INDI)