ブログ

長期優良住宅申請よくある記載漏れ等(増・改築編)

2020年10月23日

こんにちわ

今回は長期優良住宅申請よくある記載漏れ等(増・改築編)を書いていきたいと思います。

①床下換気措置の換気口のサイズを図面に記載漏れ

②小屋裏換気の天井面積に対する計算漏れ

③床組、屋根面の構面材等の記載漏れ

④柱・軸組み等の防腐処理の方法の記載漏れ

⑤維持管理の配管等の措置の図面への記載漏れ

⑥維持保全計画書の劣化が確認された部分が現況検査チェックシートとリンクしていない

⑦床下有効点検措置の床下空間の確保(330mm以上)の矩計図等の寸法記入漏れ

他にもありますが、拝見していて漏れが多い事項をピックアップしてみました。

提出時確認頂けると幸いです。


この記事を書いた人

湯沼正博(ユヌママサヒロ)


湯沼正博(ユヌママサヒロ) ひつじ座 O型
仕事への想い:第三者機関であるので公平な判断とお客様が理解しやすい(求められているもの)報告書を作成することを意識して仕事を進めています。



記事を気に入ったら、シェアしてね




このページのトップへ(INDI)